まだだと思っていてもそういう時期に来ているのかな

松本自然農園はとくに研修生などは募集しておりません。
もちろんHPにも名刺にも
農業への新規参入に対する支援
をすると明記していますので何かしらのアクションは起こそうと思っていますが、それがすぐに研修生の受け入れにつながるわけではありません。
ですが、熱意をもってコンタクトをとってきた場合には受け入れを認めることもあります。

今年の10月から一人研修生として受け入れます。
来年の2月からも一人、受け入れる予定です。
本人にはブログ掲載の許可をとってないので詳細は書きませんが、熱意を持って(意外なほど強引に)研修を希望されていましたので僕も心を動かされました。
まだまだ栽培技術が未熟なため自信を持って伝えられない部分も多々ありますが、経営的にはだいぶ安定してきているので経営ノウハウに関しては蓄積された知識や経験を伝えることができます。

なんだ、松本自然農園は研修OKなんだ。
と思われた方、そんなに簡単には受け入れませんよ。
街から遠いにもかかわらず住居は用意できず、松本家の生活を乱さない(例:昼食は別で食べる)ことが条件になるほど研修生にとっては悪条件がそろっているので、僕としてはまだ受け入れをする段階ではないと踏んでいます。
今回の二人はその条件を飲んだうえで研修を受けます。
その熱意に負けないだけのものを返してあげたいね。

よーしオレも、と思われた方へ一応書いておきますが
・農園周辺で住居を確保できていないので自分でアパートなどを探す必要があります
・松本家の生活を乱されたくないので昼食などは別です
・自給自足などを目標にする方はお断り、農業で生計を立てる意気込みのある方のみ
・金銭的なやりとりはありません(野菜くらいは提供できますが)
・僕より若いこと(せいぜい30代後半)
というのが必須条件です。
ただし基本的に研修生は募集していないことはご了承ください。

これでまた
松本くん偉くなったねぇ
って言われるんだろうなあ。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  2. ジャガイモ種芋の品種やサイズについて

  3. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート

  4. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  5. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  6. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?