にぎやかになってきました

昨日の雨は当初降ると思っていなかったからガックリでしたが、もともと予定が入っていて農作業はできなかったから問題なし。
かえって雨が降っていたほうが心おきなく遊べます。

雨の影響も少なく畑はちょうどよい湿り加減。
もう遅霜の心配はなさそうなのでトマト・ナス・ピーマンなど夏野菜の主力を植えていきました。
いよいよ忙しくなってきます。

GWに入り、周りは土手の草刈りやら田植えやらで人がたくさん見られるようになってきました。
にぎやかです。
しかも田んぼに水を張ったからカエルの大合唱がはじまっています。
やかましいです。

どれもこれも初夏(春?)のにぎわい。
ありがたく受け入れることにします。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  2. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  3. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  4. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!

  5. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  6. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ