ときには遊び心

畑をなるべく効率的に利用して収穫量をあげていく。
という方向でやっていますがガチガチに追及しているわけではありません。
遊ぶところは遊びます。

看板がある畑にはカカシがいたりキウイが植えてあったり。
実家の両親からもらったチューリップの球根を植えてあったり。
いろんなハーブがあちこちにひっそりと育っていたり。
そんな程度かと言われればそれまでですが、わりと経営色が強い農園なので気持ちにゆとりを持つために無駄なことをするのも必要かと思っています。


今日、ひまわりの種をまきました。
食用にするわけでもなく、緑肥として育てるわけでもなく、たんに景観をよくするためです。
というより、二女の名前が向日葵(ひまわり)なので育てたいなぁと。
夏には満開の花が畑を明るくしてくれていることでしょう。

関連記事

  1. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?

  2. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  3. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  4. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!

  5. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  6. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!