だいぶ分かってきた(つもり)

けっして悪くない今秋、今冬の栽培。

白菜もキャベツも虫食い少なく育ってますし

ブロッコリーだって遅いながらも収穫までもう一息のところまで来ています。
それでも不安が消えないのは、全体の株数が少ないせいでしょう。

出荷件数を考えると決して多くない数しか畑にありません。
植えたものすべてうまく育ったわけじゃないので、かなり失敗していることを考えると当然の結果なんだろうとも思います。
それでも失敗が「病虫害」ではなく「養分不足」や「生育足らず」でもないのは救いですね。
うまく育てるための栽培上のポイントがいくつかあって、どうやら押さえるべきところはあと少しのようなので、来年しっかり気をつければ豊作が期待できるでしょう。

そのポイントは?
やだなぁ、そんなの恥ずかしくてブログじゃ書けませんよ。

関連記事

  1. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  2. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  3. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  4. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  5. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!

  6. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット