すでに成虫の季節です

オカラの代替としてさっそく廃菌床をもらいに行ってきました。
使い方が違うのでもちろん代替にならないことは承知ですが。

ユンボを借りて慣れない操作で軽トラに積み込みます。
廃菌床はオガクズ主体なので軽いかと思いきや、荷台に山積みにすれば当然ながら重いです。
水分も含んでますし。
山道をゆっくりと他の車の迷惑になりながら畑に戻ってきました。

それをスコップで一輪車に移して畑に撒いていきます。
何度か往復していると汗が体じゅうから吹きだしてきます。
なかなかよい運動です。

軽トラの荷台から徐々に廃菌床が減ってきたころのこと。
なにやら黒光りする生き物がもそもそと出てきました。

diary070801-01.jpg

カブトムシだ。
残念ながらメスですが、それでも偽りなくカブトムシです。
時期的にもう成虫になっているのでいないだろうと思っていたのですが、生まれ故郷でぬくぬくと過ごしているカブトムシもいたようですね。
子供心をくすぐられてついつい捕まえてしまいましたが、家には虫かごなんてありません。
どうやって飼おうか・・・って飼うの?

関連記事

  1. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  2. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  3. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  4. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  5. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  6. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?