ようやく今年度の出荷が終了しました。
いえ、2月末でほとんどの出荷を終了していたのですが、飲食店様と豊田市内配達の一部お客様については出荷を続けていました。
いつ出せなくなるか分からない、という状態でも理解していただける親しい方たちです。
3月、4月の2ヶ月間まるまる出荷ができなくて収入が途絶えるというのも苦しいので、3月はできるかぎり出荷を続けたいと考えていますが、いったいどこまでできるんだろうというのは自分でもまだよくわかっていません。

今回3月23日まで出荷できたというのはひとつの光です。
今年のように暖かい3月でも中旬くらいまで出荷できるのであれば、4月はがんばって下旬くらいから出荷再開すれば1ヶ月ほどの休止期間で済むことになります。
2ヶ月から1ヶ月へ、これは大きい。

ちなみに今日出した野菜は
ニンジン、水菜、わさび菜、菜の花、ブロッコリー、芽キャベツ、ネギ
です。
在庫があればジャガイモやヤーコンも出せるはずなので、これらの野菜を多めに作付けておけば3月も安定して出荷できるでしょうね。

ハウスとかビニールトンネルとか使えば年中出荷もできるんじゃない?と思われる方もおられるでしょう。
松本自然農園ではなるべく資材を使わない方向で動いています。
以前はビニールトンネルや不織布などで保温したりしてなんとか収穫期間をのばそうとしていましたが、そういうのはやめてホントの露地栽培にしています。
そうまでして年中切れずに出荷しないといけない?と感じているからです。
ありのままの気候で育つ旬の野菜をお届けして、それで生計が成り立つならそれでいいじゃないですか。
コンビニの夜間営業が人件費ばっかりかかってあんまり儲からないのと同様に、端境期に無理して栽培しても経費ばっかりかかって儲からないんですよ、たぶん。

なんにせよこれで今年度の出荷は終了。
しばらくは畑仕事に集中できそうです。
出荷のプレッシャーから開放されてのんびりしまーす。