これからの農業について考える

雨がまるまる3日続いてようやくあがりました。
ということは止まっていた農作業を再開、となるのが普通なのですが今日は別の用事が入っていたため手をつけられず。
農園にいたけどイベントをやってました。


某団体の農業体験ツアー。
「これからの農業を考える」というテーマをたずさえて来園、松本自然農園や松本直之の取り組みをひとつの事例として体感するという企画(かな?)。
派遣切りにはじまって農業がクローズアップされることが多くなった昨今ですから、実際に新規参入した事例を知るというのは大切なことかもしれません。
まあうちは小さな農家ですから偉そうな意見も言えず、日本の農業全体の問題・展望について聞かれたり食料自給率向上の思索なんぞ聞かれると困ってしまいますが、自分がつけてきた道筋や個人農家としての将来の展望などはお話できたかと思います。
他産業からみると時代遅れなところが多々あるのが農業という産業なので、僕の話を聞いていてぬるいなぁと感じた方もおられたはずでしょうが、現状を理解するという点では聞いて損はなかったはず・・・。

それにしても。
30名近い人数を前にしてしゃべるというのは疲れます。
しゃべるのを仕事にしている人ってすごいなぁと感心しますね。
自分の言葉でわかりやすく、そしておもしろく伝える。
自身で納得できるような話し方への道のりは遠いです。


あ、そうそう。
ついに念願の情熱弁当を食べることができました。
あっさりとした優しい味つけに納得、店長の食へのこだわりがヒシヒシと伝わってきます。
野菜を提供している生産者という立場に涙ちょちょぎれの感動です。
ごちそうさまでした。

関連記事

  1. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  2. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  3. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?

  4. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  5. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  6. 【時給】農業収入ってどのくらいあるの?農家ってちゃんと生活できているの?