ここまではひれ伏すしかない出来

毎年のようにうまく育てられない野菜があります。
恥ずかしいのであんまり書きませんが、そのなかのひとつが里芋。
発芽がうまくいかなかったり生育が思うように伸びなくて収穫量が少なかったり。
まったく収穫できないというわけじゃないのですが人並みに届かないことがほとんど。
冬に出荷できる貴重なイモなのに量がないからたまにしか入れられない。
しかも小粒ばかり。
これじゃ骨折り損です。

というわけで思い切って方向転換。
というほどではありませんがビニールマルチを採用してみました。

今のところは非常に順調です。
過去の履歴からみても格段の違いがあります。
ビニールマルチってこんなにすごいのか!と感心しきり。
草を抑える効果は僕にとって重要ではありませんけど、5月6月の地温上昇効果の大きさには頭が下がります。

毛嫌いしないでうまく利用していけばビニールマルチとは友達になれそうです。

関連記事

  1. 無料イベント登壇のお知らせ:10月14日名古屋市

  2. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  3. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  4. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!

  5. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  6. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?