ここぞというタイミングで足止め

なんという穏やかな陽気。
まさに春という気候です。
まさに農作業日和という気候です。

晴れが続いて耕すには最適な状態なので、せっせと小さな管理機で耕していました。
すると
カラカラカラカラ・・・
なにやら乾いた音がエンジン音に混じって聞こえてきます。
エンジンそのものから出ている音ではなさそうだけど、なんだろう?

その音は管理機が走っているときだけ聞こえてきます。
走っていなければエンジンがかかっていても聞こえてきません。
注意深く音の出どこをさがしてみると、Vベルトがおさまっているカバーの中からのようです。
なにか異物でも入ったか?
エンジンを止めて、カバーを外してみると・・・
どひゃ!ベルトが切れそう!
もともとゴムが劣化してやばそうだったのが、裂けてワイヤーが剥き出しになっています。
このままだとうまく動力が伝わってくれません。

耕耘途中だったけど終了せざるをえません。
早く部品を取り寄せないと、残っている耕耘場所は山のようにたまっているので作業が進んでいきません。
あーあ、週末の雨の前にぜんぶ終わらせたかったなぁ・・・。

関連記事

  1. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  2. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  3. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!

  4. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  5. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  6. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?