おなじみのようでそうじゃない

いよいよ収穫が本格的に始まってきています。
ちょっとここで収穫中のいくつかをご紹介します。

まずはブロッコリー。
なんだブロッコリーか・・・とガッカリしないでください。
今回のは茎をメインに食するブロッコリーです。
やわらかくて細長い茎が伸びてくるニュータイプのブロッコリーで、その味はなんとアスパラガスにも似た甘みを持っています。
今はまだ収穫はじめなので少ないですが、たくさんの株を植え付けてあるのでそのうち悲鳴をあげたくなるくらい収穫できると思います。


そしてニンジン。
なんだニンジンか・・・とガッカリしないでください。
今回のはβ−カロテンが通常の2倍もあるという魅惑のニンジンです。
甘さも抜群で文句なしのおいしさ、これでニンジン嫌いの子供は世の中から消えてなくなります。
品種名はヒミツ。
知りたい人はメールでご連絡ください。

スーパーで売っている野菜なのにちょっと変わっている。
見た目や揃いよりも味を優先して品種を選んでいる。
これが松本自然農園の野菜。
食べてみたくなったアナタ、さあ注文しよう!

関連記事

  1. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  2. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  3. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  4. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  5. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  6. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?