おおっ!産まれたか!の感動

何年やっても、何回やっても飽きないというか感動するのが発芽の瞬間。
じっくりと時間をかけて観察したいくらい。
ようこそ松本自然農園へ、と歓迎したくなります。
diary120215-01.jpg
育苗培土を替えて新しく播きなおしたタネが発芽してきました。
だいたい4~5日くらいです。
ふつうにやればこんなものなので、前回播いたものが3週間経った今でも発芽しないのは異常でしょう。
とりあえず早め早めに進めていたので今回の播き直しが特別遅くなってしまったということはありません。
予定通りです。

ここから先は楽しくて大変な苗の管理作業が待っています。
天候にあわせてハウスのサイドを開け閉めしたり、天候にあわせて水やりの量を加減したり。
とにかく天候に左右されるので気が抜けません。
今週はなんだか天候がよくないので、せっかく発芽してきた苗の茎がひょろひょろに伸びてしまわないか心配ですが、こればっかりはしょうがないですね。

電熱マットがあるのでうっかり寒さで枯らしてしまう、ということはなくなりましたが、良い苗を育てるためには細かな管理が必要になります。
子育てよりも気持ちがこっちに向いてしまわないように気をつけながら、こまめにハウスへ通いたいと思います。

関連記事

  1. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  2. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  3. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  4. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  5. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?

  6. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?