あいたところへすかさず種まき作戦

まとまった雨。
これが来る前に耕して種まきまでやっておきたかった。
水菜、からし菜、ほうれん草、大根、カブ、春菊、ニンジン
これらのタネはひとまず播くことができて安心しています。
小松菜が播けなかったのは心残りですが、来週は晴れが続きそうなので播き時には困らなそうですね。

多品目栽培をやっていて難しいなぁと感じるのが種まき時期。
収穫までの生育期間はカタログでだいたいわかるので、収穫したい時期から逆算して種まき日を決めていくのですが、品目が多いのでとにかく頭が混乱します。
しかも同じ品目なのに数回にわけて播いたり。
5月収穫用と6月収穫用を育てようと思ったら当然のように種まき時期がずれてきますが、たとえば水菜だったら年5回くらいは種まきがあるわけです。
品目が多いうえに種まきのタイミングもずらすので、年中なにかしらの種まきがあって大変。
だから最近は「失敗してもいいからとりあえず播いとけ~」作戦をとっています。
計画的じゃなくてもタネさえ播いてあればなんとかなりますからね。

以前は冬の間に年間作付計画をたてていました。
圃場のどの場所になにを栽培するか。
どの作物のあとには何を植えるか。
そういうことを細かく計画していました。
今年はやってません。
トマト、ナス、ピーマンなど栽培が長期間になるものは場所を決めておきますが、基本的にはスペースが空いたらどんどんタネを播いていくというスタイルでやっていきます。
昨秋にこの作戦をとったところ、畑の回転率があがってやりやすかったので夏作でも採用してみるつもりです。
小さな機械で管理していく以上は、畑の利用率を高めて効率よく回していくことが重要になってきます。
逆にいえば、畑を休ませることなく使いつづけることでスモールメリットを生かせるような気がします。
どんどん回転させて反収100万円、が目標かな。
あ、反収ってのは1反=300坪=約1000㎡あたりの収入ってこと。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【我流】ナスの鉢上げなのにセルトレイ?ポリポットはどうした?

  2. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  3. 食用ホオズキの大いなる可能性

  4. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  5. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  6. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか