「とよた都市農山村交流ネットワーク」設立総会

「とよた都市農山村交流ネットワーク」設立総会に行ってきました。
設立総会なんて書くとなんだか仰々しいですが、参加してみるとやっぱり仰々しかったです。
豊田市長や議員がきてたくらいですし。

設立の目的を簡単に説明すると
民間で個々が展開してきた都市部と農山村部との交流活動を効果的に連携し、農山村部の活性化にむけた地域住民の取り組みを促進させ、市との共働によるコーディネート体制の確立を目指す。
って文章で書くとぜんぜん簡単じゃないですね。
ようするに都市部と農山村部との交流を盛んにしましょう、ってことですが。

話自体はわかりやすいですし、やろうとしていることは簡単に言えば都市部と農山村部との交流ですから、なんてことはない昔からやられていることなんです。
ただそれを行政と民間が共働でやるということ、足助・下山・稲武・旭・小原という広範囲にわたって連携するということが新しいといえば新しい(のか?)。

このネットワークはまだ立ち上がったばかり。
具体的な事業計画や予算のことはこれから詰めていく感じ。
遠くで様子をうかがいながら、ときには懐に踏み込んでみようかなと思案中です。

松本自然農園としてはこれまでも収穫体験をはじめとする交流をおこなってきていますが、これをこの事業体からも受け入れていくということになるかもしれませんね。
僕としては
農林業などの体験活動および農家等への宿泊
に貢献するよりも
農山村地域への定住
に関することで協力していけたらいいかなと思っていますが、事業側が松本自然農園をどのように生かしてくれるのかによって動きを変えようかと考えています。
松本自然農園はフレキシブルな動きをみせますよ。

たんなるボランティアになって自分の首を締めないように、これだけは要注意です。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【我流】ナスの鉢上げなのにセルトレイ?ポリポットはどうした?

  2. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  3. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  4. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  5. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  6. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか