【自己責任】正解ではなく納得解を追求せよ!

堆肥を入れましょう。と栽培系の書籍や動画ではよく言われます。それは多くの場合において正解かもしれません。堆肥を投入することで得られる効果については確証がありますから。
けれども、堆肥を投入することが自分にとって正解なのかは改めて考える必要があります。
状況によっては堆肥を入れないほうがいいことだってありますから。

ほかにも栽培において様々な場面で、それをやるべきかどうかを判断することは山のようにあります。
そんなときの判断材料として今回の話は役に立つでしょう。
参考にしてみてください。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【最強】モロヘイヤの育て方~野菜の王様がもつ圧倒的なパワー~

  2. 【新規就農】これからトマト農家になるのはアリですか?

  3. 【増額】農業次世代人材投資資金が変わる!手堅くもらって賢く使おう

  4. 【選択】農業機械をシェアする時代!買う借りるそして共有

  5. 送料(物流コスト)高騰に対応するための2つの方向性

  6. 【BtoC】小さくて条件不利な農家は消費者直販に救いの道がある