【自己責任】正解ではなく納得解を追求せよ!

堆肥を入れましょう。と栽培系の書籍や動画ではよく言われます。それは多くの場合において正解かもしれません。堆肥を投入することで得られる効果については確証がありますから。
けれども、堆肥を投入することが自分にとって正解なのかは改めて考える必要があります。
状況によっては堆肥を入れないほうがいいことだってありますから。

ほかにも栽培において様々な場面で、それをやるべきかどうかを判断することは山のようにあります。
そんなときの判断材料として今回の話は役に立つでしょう。
参考にしてみてください。

関連記事

  1. 虫食い、土汚れ、サイズなど出荷基準は誰のためにあるのか

  2. 【植物分類】ネギはユリ科じゃないって知ってました?

  3. 有機肥料は化学肥料の替わりになるのか?

  4. ほとんどの農家が活用してない小規模企業共済で大きく節税しよう

  5. 【対策】抽苔ートウ立ちを防ぐ4つの方法とは

  6. 【R4・4・1施行】改正された種苗法は農家にどれくらいの負担を強いるのか?