【恐怖】売上1千万未満の農家は影響大!インボイス制度を知って特例に乗っかろう

インボイス制度(適格請求書保存方式)の開始が約3年後に迫っています。これによって影響を大きく受けるのは売上1000万円未満の事業者、消費税をこれまで払ってない農家です。

そんな小さな農家に対する免税措置がいよいよ2023年になくなろうとしています。もし消費税を払うことになれば、農家によっては十数万円の負担増になる可能性もあります。かなり重い負担ですよね。

インボイス制度がいったいどういうものなのかを知り、自分自身がどのように立ち振る舞っていけばいいのかを考えること。まだ2年以上ありますから今なら落ち着いて考えることができます。農家への特例措置もありますから、必ず消費税を納めなければならないわけでもありません。これまでどおり免税という権利を受けることができたります。

でもそのためにはインボイス制度をちゃんと知る必要があり、2年以上あるこの猶予期間をどのように過ごすかで運命が決まります。新年早々、物騒な話になってしまい申し訳ないなぁと思いつつ、大切な話なので調べて動画にしてみました。見ればざっくりと概要をつかむくらいのことはできます。
詳しく知りたければ税理士など専門家に聞いてください。
まずは大まかなところから把握していきませんか?

関連記事

  1. 【想定】コロナショックに学ぶ!万が一への備え方

  2. 【協力金あり】人・農地プランで地域の農業を守る!新規就農者には重い足かせになるかも

  3. 【腰負担軽減】中山間地の宿命。無駄に広い土手の2WAY草刈り

  4. 【コツ】共同出荷してるんですけど独自販路も持ったほうがいいですか?

  5. 【苦行】冬はひたすらマルチはがし。コツやらメリットやらありますよ。

  6. 田舎を支援するイナカム。農林水産省が運営しているという妙