【農林業センサス2020】農業者40万人減ったら日本の農業はオシマイなの?

2020年農林業センサス https://www.maff.go.jp/j/tokei/census/afc/2020/

農業版の国勢調査ともいえる農林業センサスの2020年版が農水省から出されました。
農林業にまつわる様々な統計データを分析している貴重な資料です。
この資料の中でも特に目を引いてメディアに取り上げられていたのが
農業者人口が5年で40万人も減少
というもの。
176万人から136万人へ、とんでもない減り方をしています。
このまま減っていけば近いうちにゼロになるんじゃないかと不安になるくらいの減り方。

とはいえ、他のいろんなデータを拾っていくと意外に農業者人口が減っていくこと自体は問題にならないことにも気づきます。
まったく問題ないとは言いませんが、少なくとも食料供給という側面では大丈夫だったりします。
そのあたりを統計データを示しながら解説します。

これから農業界に参入しようと考えている人にとって、その業界が伸びていくのか死んでいくのかを知っておくことは非常に大切な話だと思います。

関連記事

  1. 【再始動】新しい電子サーモの実力とは?

  2. 【躍進の秘密】国家公務員トップユーチューバー白石さんに直撃取材。農林水産省はどこまで本気なの?

  3. 【規格・基準】平均から抜け出すために非常識を選ぶ道もある

  4. 有機農業を2050年までに25%に!それって実現可能なの?ムリじゃね?

  5. 【最先端】農業版サブスクリプションのCSAで安定した農業を実現する

  6. 【11月26日】新・農業人フェアで待ってます