スーパーで並んでいる野菜といえば
大根、人参、カブ、水菜、小松菜、ホウレンソウ、春菊、ネギ、キャベツ、白菜、ブロッコリー、ジャガイモ、里芋、サツマイモ、トマト、ナス、ピーマン、キュウリ、オクラ、ゴーヤ、トウモロコシ、インゲン、エダマメ、エンドウ、ソラマメ、玉ねぎ、カボチャなどなど

ふつうに挙げていけば30種類くらいはあるので、出回っている野菜の種類が意外に多いということがわかります。

うちの野菜セットは珍しい野菜が多いというよりも、知っている野菜なんだけど品種が違うので珍しく感じるというものが多いです。
ナスなのに皮が緑色とか、ねっとりではなくホクホクする里芋とか、とんがってるキャベツとか、茎をメインに食べるブロッコリーとか。

これが楽しいと思えるなら購入は続くだろうし、苦痛だと感じるならすぐにやめてしまいます。
これはほかの農家との差別化の部分なので、そのトゲをとってしまうと松本自然農園としての特色が失われてしまう可能性があります。

それに対して。
スーパーによっては陳列されない珍しい野菜もあって
ヤーコン、タアサイ、ツルムラサキ、空芯菜、からし菜、わさび菜、高菜、コールラビ、スイスチャードなど
名前すら聞いたことのない野菜もあったりします。
こういう野菜はなじみがないせいか料理するにも抵抗を感じる人もいるので、あんまり調子に乗って野菜セットに入れていると苦情が殺到する可能性のある野菜たちです。
ここはけっこう気を使います。

いま育苗ハウスで育っている苗の中に

ビーツ(ビート)という野菜があります。
見た目はカブのようですがホウレンソウに近い仲間で、別名サトウダイコンと呼ばれるように甜菜糖(てんさいとう)の原料になっている野菜です。
ロシア料理のボルシチには欠かせません。
かなり甘いのでスライスして生でいただいても美味しく、ボルシチがそうであるように煮込み料理にも向いています。

ただ・・・。
スーパーではほとんど見かけない希少性と、切ると包丁が真っ赤に染まるほどの色合いが重なって、家庭向けの野菜セットに入れるにはかなり勇気がいります。
美味しいんですが・・・。

食卓に驚きを届けるには欠かせない野菜です。
栽培をしっかりとすすめて美味しいビーツを収穫したいものです。