天然ダイヤモンド。
自然環境のもとで長い年月をかけ、自然界の炭素に高温高圧がかかることで生成されます。
それはもう、ものすごい圧力が必要なわけです。

高温高圧がかからなければ、そのへんにある炭素。
えんぴつの芯もそうですね。

人間も、ものすごいプレッシャーを与えられるとダイヤモンドのような輝きがでるかもしれません。
プレッシャーが弱いうちは鉛筆の芯のまま。
輝きとは程遠い。
硬さも美しさもないけど字が書けますね。
それも悪くないか。

ダイヤモンドになるほどのプレッシャーってどんなだろう?
メジャーリーガーのイチローさんなら分かるか?
僕は鉛筆の芯でいいや。
でも一般的なHBじゃなくて3Hくらいにはなりたいね。