農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
農家の思考
  • HOME »
  • 農家の思考 »
  • 参入障壁

タグ : 参入障壁

就農相談で行政に感じる温度差 有機農業はいまだ冷遇されている

平成18年(2006年)に有機農業推進法が施行されて以来、行政は環境保全型農業である有機農業を推進して広めていくよう方向性を定めています。 これはつまり。 環境への負荷が低い農業を推進していくことや、消費者に向けて有機農 …

農業の参入障壁は新規就農者にどう影響するのか

新規就農するには壁があります。 金銭的な問題とか、身内の説得とか。 栽培技術とか売り先の確保とか。 農地法などの参入規制に関する壁とか。 いろいろな壁がありますよね。 これらを乗り越えることができなければ新規就農を実現す …

農業次世代人材投資資金(旧:青年就農給付金)を受け取るメリットとデメリット

青年就農給付金制度はご存知でしょうか。 詳しくは農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金) ※2017年には農業次世代人材投資資金と名称を変更しましたが大枠は変わっていません。 新規就農を考えているのであれば、 …

企業生存率は農業では当てはまらない

企業生存率 という言葉は御存じでしょうか。 事業を新しく立ち上げた企業のうち、●年後には▲%が生き残っている、という統計です。 国税庁のデータがもとになっている情報ですが、 設立してから5年で15%の企業が生き残る 設立 …

多品目有機農家になるための最大の参入障壁

前回の記事:多品目有機農家は大手宅配会社と競合しない を先に読むことをお勧めします。 らでぃっしゅぼーややオイシックスなどの大手宅配会社が規模拡大しているということは、オーガニック市場が大きくなっているということです。 …

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

  • facebook
PAGETOP