【ロマンよりカネ】お金から目を背けると農業に未来はなくなる

農業でよくあるのが、稼げるとか儲かるとか言うべきじゃないという意見。オーガニック系農家はとくに稼ぐことを否定する人が多いように感じます。

信念として資本主義否定する人も中にはいますが、多くは自分が「稼げない」事実を正当化するためにお金を否定しているように感じます。

これはすごくもったいないことです。既存の農家が自分たちの仕事を否定的に捉えてそれを口に出せば、次世代は真に受けて農業をやろうとは思わないでしょう。
イメージは世論を作ります。

実際のところ農業にはめちゃくちゃ稼いでいる人もいるし、羨ましいほどの働き方を実現している人もいます。
それが伝わらないのはすごくもったいないことだし、農業にとっては大きな損失です。

プロ野球がトッププレーヤーをクローズアップして夢を魅せるように、農業でもスタープレイヤーをメディア露出させることで農業=稼げるイメージをつくれるんじゃないか。
そんな妄想を語る動画を作ってます。興味があればご覧ください。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 自分が育てた農産物の値段の決め方

  2. 家庭菜園から新規就農へ、陥りがちな失敗とは

  3. 農家の収入は考え方を変えると激増する

  4. お金を稼ぐことは悪なのか?農家は意識しないと稼げない

  5. 【6】有機農業の王道 少量多品目&直販型定期宅配はビジネスモデルとして優秀なのか

  6. お金をケチる、手間をケチる不耕起信仰・無肥料信仰は危険