5月なんとか乗り切りましたね

5月は怖い。
毎年思うのですが、夏野菜が本格的に出てくるまでの期間ってセット野菜を揃えるのがけっこう大変です。
6月下旬くらいからトマト、そのあと順にナスやピーマンが出てくる頃には出荷品目が安定してするので気持ちもラクになります。
それまでは虫が多くて栽培が難しい水菜や小松菜などの葉もの野菜を必死になってつくらないといけない。
カブやダイコンは秋に比べると肌が荒れる確率が上がるので、育てたのに出荷できなかったりするし。
とにかく品目数をそろえるのに必死になっています。

そんな5月もそろそろ終わり。
今年もなんとか無事に乗り切ったようです。
でも6月中旬までは油断できません。
葉ものがほとんど出せなくなってくるから。
ブロッコリー、コールラビ、ダイコン、ニンジン、タマネギ、ジャガイモ、ズッキーニ、インゲン、春菊、レタス
これで10品目でしょ。
ニンニク、ニラ、アスパラガスあたりでバリエーションをつけたい。
キュウリのスタートダッシュに失敗したのがちょっと痛いかな。
そうこう悩んでるうちにトマト、モロヘイヤ、ツルムラサキあたりが出てくるとラクになる。

春野菜から夏野菜に移行していく時期は心が休まりません。
もうすこし気を引き締めてがんばりましょうかね。

関連記事

  1. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  2. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  3. 【救出】あなたは草を育てているんですか?

  4. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  5. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  6. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート