4番バッターの本気

毎年なかなか安定して収穫ができないのがトマト。
夏の4番バッターでありながら長くお届けできている年はほとんどありません。
情けないことです。

今年は(おそらく)ハクビシンによる獣害こそありましたが今のところ収穫を継続できていて、量もそれなりにまとまっているので例年よりも多くお届けしています。
ひと雨あれば弱ってきた生育も復活するでしょうし、なんとか9月末くらいまで採れてくれたらうれしいですね。

トマトは品種のバリエーションが非常に多い野菜のひとつで、大玉・中玉・ミニ・マイクロなどのサイズ分類のほか、赤・ピンク・黄色・緑・黒・白・紫・オレンジなど色についても多くの品種があります。
スーパーでお目にかかれるのはまだまだ赤色がほとんどで、サイズこそいろんなものを取りそろえていますがトマトの魅力を網羅しているとは言えない状況です。

そんななかで僕がやりたかったこと。

サイズも彩りもバラバラの品種を詰め合わせてのお届け。
見た目の華やかさはもちろん、味も食感も品種ごとに違うのでおもしろいと思います。
毎年5種類とか10種類とか、とにかくいろんな品種を試しながら栽培を続けてきたトマトですが、ようやく報われたような気がします。
欲をいえばバリエーションの幅をもっと大きくしたい。
それはまた今後の楽しみにしておきましょうか。

関連記事

  1. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  2. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  3. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  4. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  5. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  6. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!