野菜高騰の影響

梅雨明けの遅れ、豪雨や日照不足など全国的に天候不順が続いている影響が出ているようです。
野菜の高騰。
ニンジン、ジャガイモ、タマネギ、長ネギ、キュウリなどが高めの取引になっている模様です。
まだスーパーなど末端価格には影響が少ないようですが、このさきも天候不順が続くようだと危ないですね。

ニュースで取り上げられることが多いせいか、いろんな方から声をかけていただいています。
松本さんとこは大丈夫?
野菜セットの量が減ったりしない?
心配していただいて非常にありがたいです。

結論から言うと影響ございません。
非常に順調です。
定期宅配を一年以上とっていただいているお客様はわかると思いますが、今夏のセットはけっこう量も質も向上しています。
天候不順をものともせず野菜たちは元気に育っています。
そうじゃなきゃ手間のかかる自然農法をやる意味がないですよ。
天候に左右されないよう力強く育てるのが自然農法の真髄ですからね。

栽培の成否を天候のせいにするような農家になるつもりはありません。
ただひたすら自分の腕を信じるのみ。
といいつつ「雨が・・・」とか「台風がねぇ・・・」とか愚痴をこぼしてますけど。

関連記事

  1. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  2. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  3. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  4. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  5. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  6. 無料イベント登壇のお知らせ:10月14日名古屋市