配達のここちよい頻度

廃菌床もらってきました。

家から15分くらいのところにあるので近くて便利。
廃菌床をうまく使いこなすことができるのなら、こんなにありがたい資材はありません。
生のものと数年放置して堆肥化してあるもの、いろんな廃菌床があって使い分けができそうですが、使いこなさないと意味がありません。
どの状態のものをどこでどのように使用するか。
ちょっと調べてみてから畑で生かそうと思います。

さて今日は久しぶりに遠方まで配達に行ってきました。
おや?まだ出荷再開してないのでは?と思われる方も多数おられるでしょうが、不安定ながらも品目がそろいつつあるので一部先行して配達にまわっているんです。
HPでの再開はもうしばらくお待ちください。
さて、久しぶりなのか配達による疲れはあまりありません。
去年だったら帰宅後になにもする気が起きないくらいグッタリしていたのに。

月に1、2回くらいだったら負担にならないのかもしれませんね。

関連記事

  1. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  2. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  3. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  4. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  5. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  6. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか