汗かくほど暑くなりましたね。
25℃って言ったら夏日ですよ。
まだ4月だっていうのに。

日中の気温だけみれば夏野菜を植えたくなりますが、松平地域ではまだハウスから外に出すのは危険です。
遅霜があるからです。
タネ袋やカタログをみると播種時期や定植時期、収穫時期などが載せてありますが、定植時期つまり苗を畑に植える時期はどうやって決めているかわかりますか?
決め手になるのが遅霜なんです。
夏野菜は基本的には寒さに弱く、霜にあたると枯れてしまうものが多いです。
だから苗を植えるときにはもう霜は降りないと確信できる頃を見計らって植える必要があるわけです。
天気予報でもたまに霜注意報でてますよね?

遅霜の心配がなくなる時期は地域によってずいぶんと異なり、松本自然農園がある地域は標高が250m前後あるので4月下旬くらいが目安になりますし、同じ豊田市でも市街地になると4月中旬にはおそらくOKだろうと思います。
知多半島や渥美半島あたりではもう心配ないかな?

こうしてみると寒い地域、標高の高い地域は定植が遅れる→収穫時期が短くなるということで夏野菜は不利か?と思われるでしょうけど、涼しいぶん病虫害の発生は少ないので有利な点もあります。
秋野菜のスタートも早くなりますし。

というわけで苗は4月下旬に向けて育てていますし、今は畑の方を準備するだけです。
暑い日が続いたって遅霜が怖いのでしばらく我慢します。
1年目は焦って早植えしたばっかりにトマトを枯らした経験があるので、定植時期には慎重になりますね。
2~3ヶ月かけて大事に育てた苗が一夜で全滅、なんて嫌ですから。