遅霜の恐怖

昨日、一昨日と出ていた霜注意報が解除になりました。
今日は出ませんでした。

今朝の最低気温は豊田観測所(標高75m)で3.2度。
畑は標高200m以上のところにあるので、まちがいなく3度は切っています。
ここでいう気温の観測は地上1.5mのところを指していて、晴れた日の放射冷却などがあると地上0m付近ではさらに気温が下がるようです。
つまり最低気温3度くらいであれば、地上すれすれ付近では0度に下がって霜が降りる可能性があるということです。
豊田市では今朝は霜が降りる可能性があった、と言えます。

夜寝るときは
大丈夫かな~不織布とか掛けに行ったほうがいいかな~
と不安になっていました。
朝起きても畑の様子が心配でたまりませんでした。
畑にはトマト、キュウリ、カボチャ、ズッキーニなど霜に弱い野菜も植えてあったんだから当然ですよね。
結局霜は降りず野菜たちは元気でいてくれたわけですが、遅霜の恐怖にはヒヤヒヤさせられますね。
心臓に悪い。

明日の朝もけっこう冷えるみたいですが、霜注意報は出ていません。
週間予報でも最低気温はそれなりに高く、おそらく霜が降りる心配はもういらないはずです。
これでようやく心おきなく夏野菜の苗を植えられるというもの。
いよいよ暑い季節がやってくるのかな。

関連記事

  1. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  2. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  3. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  4. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  5. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  6. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える