農家は機械の整備もできないとだめらしい

機械のメンテナンス。
今日は最近どうも馬力がなくなってきた気がする管理機を整備しました。
(あ、管理機ってようするに耕耘機、手押しの耕す機械のことです。)

といっても機械のことはあんまりよくわからないので、ひとまずどんな構造か確認するところから入ります。
管理機の整備ポイントは主に3つ。
1.スパークプラグ
2.エアクリーナー
3.キャブレター
これらがしっかりと調整・清掃されていれば、ちゃんと動いてくれます。

スパークプラグとエアクリーナーは自動車でも点検したりするのですぐに分かります。
ただしスパークプラグを外すのに必要なプラグソケットが見つからず、今日は整備を断念。
エアクリーナーの清掃にかかりました。
いまメインで使用している管理機はイセキのもの。
メンテナンスしやすいように組みつけがしてあるのでフィルターの脱着はラクチンです。
以前はホンダのを使っていましたが、「うちはメンテナンスフリーじゃ!」とでも言いたいのかバラしにくかったことを記憶しています。
メーカごとに個性がありますね。

さて、エアフィルターを外すと汚れがどっさり。
スポンジは経年劣化によりボロボロになっていました。
どーりで最近エンジンの調子が悪いわけだ。

エアクリーナーBOXを外すといよいよキャブレター登場。
このへんはやったことないのでバラして元にもどるかどうか、怖いです。
まちがって調整ネジを回したりしないように慎重に取り外し、そして見る。
見る、見る。
見るだけです。
ホントはキャブクリーナーでも吹き付けて掃除したいところですが買ってないので今回は見ておしまい。
ただ内部はきれいだったので(素人目におそらく)大丈夫かと。
後日クリーナー買ってきますけど。

分解と逆の手順に組み付け。
あれ?この部品あまっちゃったけど・・・みたいなことはなく無事完了。
よかったよかった。
プラグソケットを探して、なければ買って、エアクリーナー用スポンジを調達して、キャブクリーナー買ってきて・・・。
なんだよ、まだまだやること多いなぁ。
管理機復活はもうすこし先になりそうです。

関連記事

  1. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。

  2. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  3. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  4. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  5. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  6. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・