軽トラのメンテナンスは大変だ

昨日の夜、軽トラのヘッドライトが切れたようなので交換することにしました。
まずは形状をかくにんするために取り外してみます。
カバーを外してドライバーでねじをいくつか取ったら・・・でてきましたライトが。
ってバルブ交換できるタイプじゃないじゃん!
ふつうの現行タイプだと小さなバルブを交換すればいいんですが、どうも旧型の軽トラなので違うみたいです。
カバー一体型みたいです。
うむ〜、このタイプだとオート●ックスみたいな量販店じゃパーツ買えそうにないなぁ。

街のディーラーに行くよりも、軽トラの需要が多い田舎のほうがパーツはあるだろうと思って地元松平のSUZUKI販売・修理業者に行きました。
そしたらパーツ取り寄せ。
明日届くそうです。
じつは街中のディーラーにも行って聞いてみたのですが、「そんな古い型の部品はもうないよ、解体業者で探さないとだめだね。」って言われてたんです。
この対応の違いは、普段この車種をよく扱っているかどうかでしょうね。

関連記事

  1. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!

  2. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  3. 【我流】ナスの鉢上げなのにセルトレイ?ポリポットはどうした?

  4. 【時給】農業収入ってどのくらいあるの?農家ってちゃんと生活できているの?

  5. トラクター必須 思い込み問題

  6. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!