手間をかければ美味しい野菜ができる。
というわけでもないのが栽培の難しいところ。
手をかければかけただけの成果が上がるなら誰だってそうするし、おそらくほとんどの人は成果を期待して手をかけるでしょう。
ただし時間は有限なのですよ。

栽培がうまくいかなければ対策を講じます。
肥料を替えてみたり、新たに別の肥料を追加したり、耕し方を替えてみたり、虫対策で◎◎してみたり・・・。
それがただ単にモノを入れ替える、作業を入れ替えるだけなら問題ありません。
怖いのは現状にプラスして何かをすること。
それでもしうまくいったら、そのプラスしたものは取り除くことができなくなります。
成功したものを変えるのは勇気がいりますからね。

これを繰り返しているうちにやるべきことが増えてしまって、栽培はうまくいってるのにやたら手がかかるという結末をむかえることもあります。
足し算は簡単だけど、引き算は難しい。
ということです。