賛成意見と反対意見

武田邦彦という大学教授がおられます。
テレビにも出ておられるので有名だと思います。
資源材料工学が専門で、環境問題に関しても詳しい方で著書も多数ありますが、主張していることが世間に言われていることと正反対だったりすることが多いのでトンデモ学者という見方もされています。

先日ちょっと調べものをしていたら武田先生の記事にあたって、ついつい地球温暖化について読みふけってしまいました。
地球温暖化の原因が二酸化炭素であるという説について、そもそも二酸化炭素は悪なのか?という点から切り込み、地球の歴史や生物学的観点から、事実をもとに温暖化のことを考察しています。
詳しい話は彼のブログなり著書なり見ていただければいいのでここでは書きません。

彼の主張は世間一般に広がっている意見とはまったく別のものです。
多数派が正義だとすれば武田氏は間違っていることになりますが、世の中はそんな単純ではありませんし、少数派が間違っていると言ってしまえば地動説は日の目を見ることはなかったでしょう。

ただ、武田氏の意見が正しいかどうかは別にして、そういう意見もあるというくらいに見ておくのがよいのではと思います。
つまり、ストップ温暖化の意見と温暖化推進論の両方を取り込んだうえで自分で判断するべきではないかと。
両極を知る、というのは非常に大切なことです。

これは有機農業者がやってしまう農薬害悪論にも通ずる話です。
一方的に否定してしまうのではなく、農薬は安全だとする意見と危険だとする意見、両極の意見を知ってから判断すべき問題なのに、農薬を否定することを土台にして農業を組み立ててしまう怖さがあります。
なぜ農薬がだめなのか?
ということをもう一度深く掘り下げてみたいと思います。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 脇芽トマト苗が仕上がってきたので定植します

  2. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  3. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  4. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  5. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  6. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?