補欠からエースへ

最近、管理機の調子が悪くなってきました。

エンジンの回りがイマイチで、ロータリー部分もあちこちが劣化・損傷してきています。
エンジンはともかく、これは部品交換だなぁというところがあちこちに見受けられます。
うちのエースは故障により成績不振にあえいでいます。

そして今日、ついにエースの座からひきずりおろされました。
今年の3月から補欠としてメンバーになっていた管理機が、畑デビューを飾ったんです。

同じ馬力ながら耕耘力、安定感はなかなかのもの。
多少草が茂っていてもおかまいなしに耕してくれます。
5馬力ってこんなに力あったっけ?と驚いたほど。
最近耕すのにちょっと苦労してましたけど、これで不安は解消しそうです。
畝立てもラクチンです。

秋野菜のために畑を準備している最中なので、新エースはいきなりフル回転してもらうことになります。
たのむで。

ついでに。

熊手がポキッと逝きました。
 

関連記事

  1. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  2. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  3. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  4. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  5. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  6. トラクター必須 思い込み問題