虫除けのコツ

おっといつのまにか26日。
日記の更新がとどこおってました。
ネタがなくてね~。

今日の夕方もいつものようにブヨが大量発生。
顔の前で手を振ると、3匹以上が手に当たる感触を味わえます。
ぶーんという音もハンパではなく、蜂の巣をつついて一斉攻撃をくらったかのような音です。
ぶーん合奏団です。

さすがに防ぎきれずに今日は敗北。
けっこうやられました。
顔はプチ別人です。

帰り際、近所のおっちゃんが涼しそうな顔で作業していたので、

虫すごくないですか~?

と聞いてみたところ。

線香を腰につけておくとけっこう大丈夫やぞ

との回答。
うずまき蚊取り線香をたいておくといいらしいですね。
虫除けスプレーだと汗で流れますからね。
やっぱケムリですか。


ちなみに森林組合では強力なのが買えるそうです。
山に入りますからね、虫除けもしっかりしないといけないということでしょうか。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  2. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  3. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  4. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  5. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  6. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう