自然任せは心臓に悪い

まだ本格的な夏になる前、梅雨に入る前だけどエンジンポンプが稼動しました。
もう2週間以上、雨らしい雨が降っていなくて、昨日の雨が空振りに終わった上にこの先も来週火曜日くらいまで期待ができそうにないために潅水を決行しました。
一度に全面積を潅水することはもちろん不可能ですが、収穫がはじまっているズッキーニやブロッコリー、水を欲しくて苦しそうにしているキュウリなど本当に水遣りしたい野菜だけならそれほど時間はかかりません。

今年はこのエンジンポンプがあるので渇水は怖くありません。
多雨についても水はけの悪いところは畝を高くしてあるので、よほどの集中豪雨でなければ大丈夫だと思います。
天候に一喜一憂しているのは心臓に悪いですが、今年はいくぶんか軽減されそうです。。
それでも昨年、一昨年みたいに2ヶ月も雨がほとんど降らない状況というのは勘弁してほしいですね。
いくら機械による潅水が可能だといっても、それを設置したり移動したりするのには手間がかかりますから。
自然に降ってくれることがやはりうれしい。

関連記事

  1. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  2. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  3. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  4. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  5. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  6. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?