自分で草を抑えます

ネギなど葉の茂りが弱い野菜はさておき、たいていの夏野菜は自分で回りの草を抑えることができます。
葉を広げたその下は日陰になって草が育ちにくいし、大きく育てば根も広がるので草の伸びを抑えます。
だから野菜自身をしっかりと大きく育ててあげることは、草をとってやる手間を省くことになるので人間への手助けにもつながります。

そんななかでも感心しているのが菊芋
今年初めて栽培しているのですが、その茂りの強さに驚きを隠せません。

もうすでに背丈を軽く越えてしまっています。
一度だけ草取りに入りましたが、その後の草の生え方は明らかに鈍いです。
近所のおっちゃんは「菊芋は草なんて取らんで大丈夫や」と言ってましたが、それも納得の生育ぶり。
収穫はまだ先、霜が降りるころなので一体どこまで大きく育つのかちょっと心配ですね。

菊芋はそれほどくせがなく食べやすい野菜なのでヤーコンが苦手な人にはどんどん入れていこうと思っています。
さてどれくらいの収穫があるのか。
ちょっと楽しみです。
・・・台風でばっさり倒れたりして。

関連記事

  1. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  2. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  3. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  4. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  5. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  6. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?