紙に落としこんで形にする

年間を通じて野菜セットを発送する場合、難しいのは常に種類を用意できなければセットにならないということです。
うちでいえば基本となる2000円セットは常に10種類前後の野菜を毎週のように用意する必要があります。
これがけっこう難しい。
今週は15種類あるけど来週は7種類しか収穫できない、では商売になりません。
安定した品目数で安定した量が採れなければお客さんに迷惑がかかります。
需要に対して多すぎても少なすぎてもだめ、常に安定が求められます。
単一作物をドーンとやってる農家には分からない世界がそこにはあります。

この安定生産を実現するためにやるべきこと。
栽培の成否や収穫量の増減などの変動はありますが、それらを差し置いてもまずは計画がしっかりしていなければ安定は望めません。
計画で9月上旬に7種類しか収穫できないような作付けになっているのに10種類の野菜を望むのは無理がありますからね。
計画がアバウトでは結果もアバウト。
計画が甘いとそれがそのまま結果につながってきます。

どうも計画が甘いんじゃないか、と思うようなことが一年のうちに何度か感じることがあって、このまま進めていくといつか大失敗をするんじゃないかという危機感を持っています。
ここ数年は畑の総面積が一定で発送数もほぼ一定なので、前年と同じ感じで・・・とざっくりとした計画だけで進めてきた経緯があります。
そして2月になると野菜がない!といって端境期に突入することがよくありました。

今よりもっと安定出荷するために、いまはせっせと作付計画を練り込んでいます。
  
やってみると甘かったところが多数。
練り直した計画で来年どのような結果が出てくるのか、いまから楽しみです。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【時給】農業収入ってどのくらいあるの?農家ってちゃんと生活できているの?

  2. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?

  3. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  4. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  5. 脇芽トマト苗が仕上がってきたので定植します

  6. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・