空飛ぶカボチャは有効か

空飛ぶカボチャの結果。
初めて空に浮かべてみてわかったことがいくつかありましたので参考にしてみてください。

メリットは
ツルを伸ばしていくのが空中なので草管理が非常にやりやすく草に埋もれてしまう心配がない
当然ながら草の中から果実を探さなくてもいいので収穫が速く、取り残しもない
果実が空中で着果するので地面に触れることによる肌荒れがない
葉に隠れて果実が見えない、ということがないので完熟適期で収穫を続けることができる

デメリットは
キュウリやゴーヤと違って地這いの性質が強いため、ツルがネットを登っていかず何度も自分で誘引させてやる必要がある
大玉品種は果実が重すぎて栽培しにくい(アーチをどれだけ頑丈にするかという問題)


上記のメリット・デメリットはある程度予測していたことですが、やってみて改めて納得しました。
数多く着果して長期にわたって収穫が続く坊ちゃん系のミニカボチャが、おそらく空飛ぶカボチャに向いているのでは?と感じましたね。
僕はツルが伸びる先の草管理が苦手なので、おそらく来年もカボチャはすべて空を飛ぶと思います。

関連記事

  1. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  2. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  3. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!

  4. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  5. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?

  6. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!