秋以降の作付場所が・・・

夏野菜を植え始めています。
トマト、キュウリ、カボチャ、ズッキーニなど。
ナス、ピーマンはもうちょっと先かな。

怖いのは遅霜。
夏野菜は霜にあたると枯れてしまうものが多いので、あまり早い時期の植付けは危険を伴います。
ドォーーーーーッと植えたのが一夜にして全滅・・・しゃれになりません。
来週始めくらいに最低気温がけっこう低く予想されているのが気になって仕方ありません。
けど近所の人もせっせと夏野菜を植え始めているし、この地域で長くやってる方々がそうしてるんだから多分大丈夫なんでしょう。

夏野菜を植え付けながら気が付いたことが。
ここまでの植付け状況と、今後の作付け予定面積をあわせると、畑の中がほとんど埋まってしまいそうな気配がします。
明らかに昨年よりも多い作付量。
出荷量が増えてるんだから当然か。
夏まではOK、つくりたい面積は余裕を持って確保できます。
秋冬野菜はどうなる?
場所がないぞ?
近所のおっちゃんが借りて欲しそうにしてたから交渉してみるか?

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  2. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  3. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?

  4. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  5. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  6. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?