着々と進む冬の仕事

今年はいつになく育苗の準備が早いです。
ヒマというわけではないのですが、畑のほうはだいぶ落ち着いているので気持ちが来年の栽培へと向かっています。
苗作りに失敗して野菜ごとの作付け量が変わってしまうというミスを昨年はけっこうやらかしてしまったので、苗はしっかりと手をかけていく予定です。
まあ今回に限ったことじゃなくて毎年そうやって真剣に取り組んでるんですけどね。

写真は地面を水平にならしているところ。
水遣りの不均一をなくすため、来年はプール育苗を試してみるつもりです。
プール育苗は水稲でよく行われている方法なのですが、水をためるプールをつくってそこで苗を育てていきます。
野菜の場合は水を溜めっぱなしというわけにはいきませんが、一気に水遣りができるので省力が期待できます。
苗数が増えると水遣りにかかる時間は馬鹿になりませんからね。

これを実現するためには地面の水平をしっかりととっておく必要があります。
水平器をつかってきっちり測りました。
うまくいくといいのですが。

関連記事

  1. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!

  2. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  3. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  4. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  5. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  6. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある