畝立て専用機

3月に入って種まきシーズンが到来していますが、先日の雨でまだ畑は乾いておらず、気温もいまいち上がりきらないので耕せるタイミングをつかみきれずにいます。
ゴールデンウィークくらいに出荷再開しようと思ったら今このタイミングで種まきしなきゃいけない野菜も多いんだけどね、天候に合わせる農業なんだからしょうがないか。

圃場によっては水はけがよく乾きやすいところもあるので、そちらから優先して耕すようにしています。
そして畝立て。

ついに登場しました。
畝成形用に管理機を購入してあります。
30cmほどの高畝にも対応できるタイプのものを選びました。
まだ微調整があまりつかめていなくて使いこなせていませんが、さすがに畝立て専用機だけあって仕事は速いです。

通路の土をあげて畝の上をレーキ等でならして、という作業が一発で出来てしまいます。
今年はこれをうまく使いこなして作業時間を短縮することが当面の目標になりそうですね。

ちなみに、ビニールマルチを昨年よりは多少使うことになると思うのでマルチャーも含めた一式で購入しました。

見た目はなんだかこっちのほうが格好いいですね。
仕事しまっせ、みたいなオーラがでてます。

関連記事

  1. トラクター必須 思い込み問題

  2. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  3. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  4. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  5. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?

  6. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です