珍しい車は危険がいっぱい

僕の軽トラックは
白い軽トラに比べると圧倒的に数が少ない。
だからそのへんを走っていると松本直之だと分かってしまうことがたまーにあります。
わるいことはできませんね。

今日も言われました。
車ですれちがうときに見たよ、と。
疲れきった顔をしていた、と。
いや~やっちまいましたね。
たしかにその場所でその時間なら疲れた顔をしていたはず。
暑さでくたばってたし寝不足でフラフラだったので。
きっと魂が今にも抜けていきそうな顔だったんでしょうね。

どこでだれが見ているかわかりません。
珍しい車に乗る方はとくに注意してください。
常に笑顔でいる努力をしましょう。
疲れるけど。

関連記事

  1. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  2. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  3. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  4. 【救出】あなたは草を育てているんですか?

  5. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  6. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!