無類のトマト好き

エアコンの効かない軽トラでの配達は厳しい
冷たい風と暖かい風、レバーをスライドさせれば温度が変わると思うんだけど、うちの軽トラはまったく言うことを聞かない。
常に暖かい風を運んでくれる。
ようするに送風なので、外からの風がぬるければ当然のように生ぬるいのが吹き込んでくるわけだ。
しょうがないね、これは。
窓を全開にしながら排気ガスを取り込んで運転することにしよう。

夏の配達は楽しい
というのもトマトがあるからだ。
雨に当たって割れてしまったトマトや形が悪すぎて出荷に耐えられないトマトなど、あまりもののトマトをかき集めて配達のときに持っていく。
それを運転中に食べることが出来るのだ。
無類のトマト好きで知られるマツモトナオユキは、ハンドルを握りながらほうばるトマトがたまらなく好きだ。
うっかり口の中ではじけさせてしまい、タネやらゼリーやらが飛び散ろうが関係ない。
もともと汚い車内だから気にならない。
トマトは僕を幸せにしてくれる。
そんなトマトが食べられるのは7~9月、うまく栽培できても10月までの4ヶ月間。

この幸せをかみしめながら今日も配達に行ってきたのでした。

関連記事

  1. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  2. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?

  3. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  4. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  5. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  6. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう