気象に左右される農業

雨やらくもりやら続いていますね。
耕そうと思っているところがたくさんあるのに出来ないのがもどかしい。
天候に左右される、これが農業だと言われればそれまでです。

雨が降っても進められる作業をやる。
晴れのとき、雨のとき、それぞれにやらなければならない仕事を用意しておく。
1週間2週間先の天候を読み、それにあわせて作業工程を入れ替えて時間を有効に使えるようにスケジューリングしていく。
天候に左右されるのが大変というけれど、実はそこがおもしろいところなのかもしれない。

でも異常気象はつらい。
ずーっと雨が降らなかったり、ずーっと雨が続いたり。
想定外の天候には対応が難しいですね。

どんな状況であっても
「想定の範囲内です。」
とホリ●モンみたいに言ってみたい・・・。

関連記事

  1. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?

  2. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  3. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  4. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?

  5. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  6. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?