機械に頼るリスク


なんとも暖かい日が続いておりますが、畑を歩いていると
ブーン、ブーン
という羽の音が聞こえてきます。
花の蜜を吸いにやってきている虫たちです。
桜が春と勘違いして開花したところがあるように、虫たちも春だと思ってでてきたのでしょう。
とんでもない陽気ですね、今年は。

新しく借りることになった農地の排水処理をしようとおもって農機を走らせて溝をつくりました。
ずっと田んぼとして使っていたところなので、これだけ晴れが続いていても湿り気たっぷりで土が重いです。
なかなか思うように溝が切れません。
それに加えて農機(管理機)の刃が使い込みすぎてほとんどなくなっていたので、これじゃあ土を動かせるわけがありません。

いらぬ労力を使ってしまいました。
さらに、クラッチワイヤーが切れかかっているのを発見。
交換しないとまともに走らないような状況です。
こりゃいかん、明日やろうと思ってた作業ができん。
機械に頼ってるとこういうときに困るんですよね。

関連記事

  1. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  2. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?

  3. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  4. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  5. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  6. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方