梅雨明けの遅れは

梅雨明けがやけに遅れてますね。
週間予報を見ていても7月に宣言が出される気配すらなく、どうも8月にずれこみそうです。
過去8月に梅雨明けがずれこんだのは気象台が記録する1951年以降では片手で数えられるほどしかない。
1993年には梅雨明けせずに秋雨前線がやってきて、コメがとれずコメ騒動に発展しました。
今年はどうなるんでしょう?

さて、そろそろ秋野菜の種まきが始まっています。
ブロッコリー、キャベツ、芽キャベツなどは苗づくりから。
セルトレイに種を播いていきます。
気温が高いのであっさり3日後には発芽してきます。
発芽したあとは水分・気温・日射のバランスによって健全な生長を・・・って梅雨が明けないので日射量が絶対的に足りず、茎がひょろひょろと伸びてしまう徒長が起きる可能性が非常に高いです。
秋野菜たちの幼少期・少年期がもやしっ子になってしまいます。

今の心配事はこれですね。
雨降ってもいいから太陽でてほしい。

関連記事

  1. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  2. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  3. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  4. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?

  5. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  6. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!