松本スタンダードを表現する力

虫食いをどこまで許すのか。
大きさのばらつきや形のばらつきをどこまで許すのか。
JAや市場、小売店に卸すときには規格があって、それにあわせて選別・調整したうえで出荷しますが、自分で直販するときは規格がないためその判断は農家自身にゆだねられます。

とはいえ勝手にテキトーな出荷をしていいわけじゃなく、規格はないけど許容範囲は消費者側にゆだねられるといってもいいと思います。
お客さんが許してくれる範囲内で出荷していくということ。
許されないものをずっと出していればお客さんは離れていきます。

このように農家サイドが持っている規格基準をうちでは「松本スタンダード」と呼んでいます。
いや、呼んでないですね。
いま決めました。

松本スタンダードは僕自身の判断が100%です。
長く出荷してきてお客さんの反応を見ながら決めてきたラインがあって、それは定期購入してくれているお客さんが持っているラインでもあります。
これを他人(主に研修生)に伝えるのが非常に大変ですね。
ナスの傷はここまで許せる、キュウリの曲がりはここまでOK、ジャガイモはこのサイズ以下はNG、小松菜の虫食いはここまでなら出荷できる、というのをひとつひとつ伝える必要があります。
大変だけどちゃんと伝えないと箱詰めした人によって基準がばらばらになってしまいます。
お客さんも混乱してしまいます。

頭の中に蓄積されている松本スタンダード、的確に表現する力が必要ですね。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. ズッキーニの収穫作業から顧客の顔を想像する

  2. 脇芽トマト苗が仕上がってきたので定植します

  3. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  4. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  5. 食用ホオズキの大いなる可能性

  6. 夏野菜の苗で50穴セルトレイを使うのは理由がある