本来の姿へ

今年になって大きなビニールハウスを建てるまでは、3m×5mのパイプ車庫にビニールをかけて苗をつくっていました。
今でこそ狭くてまったくスペースが足りないハウスですが、過去数年はしっかりと活躍してくれたたのもしい存在です。

新しいビニールハウスが建ち、その役目を終えた旧・ビニールハウスはついにビニールをはがされてしまいました。
そして復活。

もともと車庫として利用するのが本来の姿なので、これでよしとします。
中にある荷物を移動すればいよいよ軽トラックを入れることに。
ちょっと楽しみ。

関連記事

  1. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  2. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  3. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  4. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  5. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  6. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!