未経験ながら工夫を散りばめます

ビニールハウス建設が進行中です。
今日は雨が降るかと思っていたのですが、さっぱり降らなかったので仕事がはかどりました。

今日の仕事はサイドのネット張り。
換気のためにサイドを開けても虫などが入らないようにするためのネットです。
夏野菜の育苗では必要ないのですが、ブロッコリーやキャベツなど秋野菜を育苗するときにモンシロチョウ等の飛来を防ぐことができます。
もしかしたらトマトの雨よけ栽培するかもしれないので、そのときはカメムシ対策になりますしね。
ネットを張っておくとのちのち役に立ちそうな気がします。

ピンとしっかり張るためには二人いたほうが断然きれいに張れます。
農業には二人いたほうが効率がいい作業がたくさんあるよ、といろんなところで言われていますが僕は今回久しぶりに人手があってよかったなぁと思いました。
それくらい一人で出来る仕事のみで作業体系を構成してあるということです。
ビニールや不織布などの資材を使うなら複数人作業は効率いいんでしょうね。

サイドの足元には高さ30cmほどビニール(農PO)を張っておきました。
サイドビニールを巻き上げ式にするので、地面に触れるところに風の通り道ができにくくするための工夫です。
トタンを張っていくというのが一般的なようですが、光を通さないと育苗するときに都合の悪いこともあるのでビニールにしてあります。
パイプ周りには防草シートも張ってあり、除草の手間を省ける工夫もされています。
ちょっと満足。

あとは妻面をつくって全体をビニールで覆うだけ。
と書けば簡単なのですが、やると大変ですよー。

関連記事

  1. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  2. 無料イベント登壇のお知らせ:10月14日名古屋市

  3. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!

  4. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?

  5. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  6. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です