春を想像して種を播くには寒すぎる

3月4月は多品目農家にとって恐ろしい端境期。
春だから野菜がたくさんあるはず、という世間一般の認識とは違ってトウが立って花を咲かせてしまう野菜が非常に多いので出荷できるものが少ない季節です。
うちは毎週10品程度をそろえた野菜セットを出荷する農家なので、種類が少ないとセットにならず休んでしまうことがよくあります。
というより3月に出荷したことはあまりありません。

2012年までは端境期を乗り越えた出荷再開時期をゴールデンウィーク明けくらいにしていたんですが、昨年に4月中旬を目指して作付けしてみたら意外にうまくいったので今年もそのあたりを狙っていこうとたくらんでいます。

ということで厳寒期ながら春に向けたタネ播きが始まっています。
10年目を迎えているのにまだ播種機ではなく手で種を播くという、効率を気にしているとは思えない姿ですが、研修生にとってはこのほうが勉強になっているに違いないと思ってもうしばらくは続けていきたい慣習ですね。

関連記事

  1. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  2. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  3. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  4. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  5. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  6. 無料イベント登壇のお知らせ:10月14日名古屋市