早起きから音声文字変換

農家といえば早起き。
もはや常識ですね。
日の出とともに畑に出て、日が暮れるまで働く。
働けど働けどラクにならず・・・というのは置いとくとして、早起きはなかなかイイです。

最近はズッキーニの受粉作業があったりして早朝に畑に出ることが多いです。
子どもと一緒に就寝して、AM2~4時くらいに起きる。
ちょっとパソコン仕事やってから畑に行く、という生活が続いています。
いいリズムです。
テレビは見なくなったし、パソコンの前に座れる時間が限られるので余計なサイト閲覧しなくなりました。
育児にかなり時間をとられる以上、時間は有効に使わないと仕事が回りません。
おかげでブログを書く頻度がかなり減った、という点は見逃せませんが。

話した言葉をテキスト変換する、なんていうツールが世にあるくらいですから、こういうのをうまく利用すると書きたいことをスムーズに時間をかけずにまとめることができるかもしれません。
便利な世の中ですね。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  2. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?

  3. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?

  4. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  5. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  6. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?