新・松本劇場の始まり


本日、松本自然農園は新たなステージを迎えました。
入籍。
家族がふえました。
まずは自分が生活できるように、という目標でやってきた2006年。
2007年は家族が生活できるような営農を求められます。
みなさまに支えられてなんとかここまでやってきていますが、来年からはもっともっと多くの人の支えが必要になります。
人の和を大切に、そして野菜の味を追求しながら松本自然農園を進化させていきます。
これからもよろしくお願いします。

さてちょっと家族の紹介しましょうか。
名前は(本)たか子(自称)。
僕より二つ下です。
自転車日本一周を共にしているだけあって非常にパワフル。
でも実はナイーブ。
いつも元気でうるさいくらいだけど、ガラスのハートを持っているので接し方がすごく難しいです。
「女心と秋の空」を実感させてくれる人。
野菜の栽培よりも接し方が難しいのでは?という噂もありますが、もう7年も付き合いがあるのでだいぶ慣れてきました。
これからは彼女の特異な才能を活かせる方向に導いていこうともくろんでいます。

これから日記にもたびたび登場することになるでしょうから、紹介はこのへんにしておきましょうか。
では新・松本劇場をお楽しみに・・・。

関連記事

  1. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  2. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  3. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  4. 無料イベント登壇のお知らせ:10月14日名古屋市

  5. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  6. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?